上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日寒い日が続いています。この季節、厚着をするので、洗濯の時、洗う服がものすごい量になるので、冬の洗濯は大変です。

ところで、私自身が普段の服のコーディネートで重視しているところというと、おしゃれしているというのがぱっと見ではわからないようなファッションを心がける、ということです。

どうしてかといえば、いかにもおしゃれしているというファッションは、かえって格好悪いような気がするからです。

コスプレのようなイベントなら、思いっきり自分をアピールする服装もいいかと思いますが、普段の生活では、あまり浮いてしまうような格好は得しないような気がします。

ただし、これは、自分自身がそういう考えを持っているだけで、他人が派手な格好をしていても気にはなりません。本当は、いろいろな人がいろいろなコーディネートをしている方が楽しいだろうとは思うのですが。

そういうわけで、私がが一番好きなファッションは何か、といえば、チノパンをベースにしたファッションです。

とにかく、チノパンなら何を着ても合いますし、クリーニングに出す必要もないので、便利です。

話は突然変わりますが、ファッションの話題が出たところで、ファッション関連業界への就職を考えている人に、とても有望なファッションのプロ養成校があります。

それが「エスモード・ジャポン」というところです。

「エスモード」は、1841年ナポレオン三世の宮廷服飾師であったアレクシス・ラヴィーニュによってパリに創設された、世界で初めてのファッション専門教育機関です。

そして、「エスモード」は、世界13カ国、20校ものエスモード各校の世界的なネットワークを築きあげています。日本では、東京校と大阪校があります。

エスモードは、独自に開発したファッションデザイン・メソッド「ドシエ方式」などで、ファッション業界に革新をもたらし、今日までの既製服産業の発展の礎を築きあげ、ファッション業界に確固たる位置を築き上げています。

そして、エスモードの教育方針としては、デザインだけ、パターンだけとどちらかだけを学ぶのではなく、全てを総合的に学びます。

また、エスモードはファッション業界への就職サポートも手厚く、企業からの求人受付、アルバイトの紹介をはじめとして、積極的に企業にアプローチをして人材募集の情報をキャッチ、また、求人企業の開拓を行い情報を学生に公開しています。

そして、企業研修もアパレルメーカーやデザイナーブランドの協力を得て、毎年実施されています。これらのことは、個人ではなかなかできないことで、エスモード・ジャポンに通う大きなメリットといえるでしょう。

将来、ファッション関連業界への就職を考えている人は、進路の選択肢の一つとして、「エスモード・ジャポン」を候補としてマークしておくのもいいかと思います。
-------------------------------------------
【PR】

エスモードはファッション業界への高い就職実績を誇るファッション専門の教育機関。
ファッションデザイナー・パタンナーとして業界で働くならエスモードで!
初心者が学ぶ総合科、経験者が学ぶファッション工科、パリへ留学する留学科。
ファッション専門学校探しで悩んだら、即戦力となるプロを養成するエスモード。
-------------------------------------------
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://monovari.blog50.fc2.com/tb.php/31-c58c82db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。